おはようございます。

最近の朝はとても穏やか、ちよこです。

 

先週の金曜日にトラウマ治療を受けてきました。

今月始めにも行っていて、金曜日の治療は2回目でした。

ソマティック・エクスペリエンスという治療法をしているカウンセラーさんを

市のカウンセラーさんに紹介して頂いたのです。

 

トラウマ治療を受けた理由 

ここでもおいおい書いていこうかなと思っていますが、私の母はいわゆる毒親です。

産後、里帰り出産をきっかけに「うちの親はおかしい!」という事に気がつき、

そこからずっと自分と親の関係に悩まされていました。

その悩みは、対親だけでなく自分と娘の関係にも悪影響を及ぼしています。

その経験を消化したいという思いでトラウマ治療を受けることにしました。

 

トラウマ治療体験 1回目

1回目の治療ではタッチセラピーという治療を行って頂きました。

ベッドの上に横になって、カウンセラーさんにじーっと、

ただただじーっと肩や腕に手を置いてもらうという方法です。

おいおいこんな事で治るのかい、カウンセリングはしないの?

私と母の愛憎劇・語ると三時間ノンストップ話とか聞かないの?

と不思議な気持ちでいました。

しかし、そうやっているうちにふわーっと頭が軽くなってきて不思議な気持ちに……。

気がつくと私は、新婚旅行で行ったバリの海にいました。

 

「そうか、私は日本という国、そして今いる時代の価値観に囚われているんだ。

 子どもをつくらなきゃ、とか何歳までに何をしなきゃとかそういうのはないんだ。

 どんな風に生きたっていい。その時は羨ましがられる生き方も、

 時代の価値観が変わってしまえば何の意味もなくなるんだ」

 

「私は今、主婦で働いていなくて子どもも預けているけど、それが何だと言うんだ。

 世間からは浮いてしまったかもしれないけど、私は他の国でバカンスしてるだけ。

 バカンスの最中に『日本にいる友達は今頃仕事を頑張ってるのに、私は……』

 なんて考えないでしょ。ゆっくり休んでていいんだよ」

 

 と、こんな考えが心の奥から湧き上がってきたんです。

なんだか宗教っぽい?でもちゃんとした治療なんです。

そこで1回目は終了。なんだかふわふわしたきもちのまま1回目は終わりました。

長くなりそうなので2回目は次の記事に!